奇跡だらけの人生。安倍総理とも握手を

奇跡だらけの人生。安倍総理とも握手を

自分の人生は数字と何か縁があるようです。

 

まず自分は誕生日がぞろ目でございます。それだけならまだ何かと誰でもありそうですが自分は年号もぞろ目だったのです。

 

そのおかげかあるテレビ局と何かと不思議な縁で繋がっていました。最初出産日は翌週の仏滅の日に生まれる予定だったそうです。

 

それが当日はなんと大安であり自分は恵まれてるとそれだけでも言えます。しかしそれからも自分に何かと奇跡に巡り合う事が多数ありました。一部勘違いだと思われる出来事もありますが書かせていただきます・

 

まず母方と父方の家の前は市の境目になっています。これは序の口ですがここからがすごいです。例えばあれは六年前のことでした。

 

当時僕はいい友人に巡りあえずあまり思い出したくない小学生時代を過ごしていました。そしてそんな学校生活も終わろうとしていた時期に以前応募していた俳句大会の結果が届きました。クラス全員が書かされていたのですがうちのクラスから二名がなんと大賞に選ばれたのです。

 

一人はクラスで絵を得意としていた子が選ばれたあと一人は誰だろうと発表を待っていました。勿論自分だろうと選ばれる可能性は微塵も考えていませんでした。事態は急展開を迎えました。

 

何と自分が選ばれてしまったのです。クラス全員が驚いていましたが自分が一番驚いたと思います。

 

全国で何万人と参加していた大会でしたのでそれは奇跡としか言いようがありませんでした。

 

表彰式は長野で行い初めての新幹線を楽しみました。その後も奇跡は続きました。

 

あの東日本大震災の九か月前そして二年前に滅多に行かない東北に行ったり昨年のニコニコ超会議というイベントでの出来事ですが、

 

なんと安倍総理が現れて奇跡的に握手ができたのです。

 

会場はレットカーペットが敷かれ、これまた何万人といる会場で奇跡的にできたのです。あと自分は歌が好きで自信をつけるためにカラオケの大会に応募するのですが。二年前はニコニコののど自慢で選ばれそして昨年はなんとNHKののど自慢の予選、そして十一月ラジオの公開イベントを兼ねたカラオケ大会に出演し、

 

今年の一月同じくニコニコ主催の書店会議のカラオケブースにも出演したのです。どれもかなりの倍率であり選ばれるのも難しいものでした。

 

しかし悪いこともありました。

 

三年前の十二月高熱を発症したのですが、よく行く近所の内科に診察をしに行ったら、真顔で何万人の中で一人位の症状だと言われ大学病院へ行くように言われたのです。
後にこれは誤解でリンパ節炎という病気でした。他にもあったと思いますが大体これくらいです。これからはどんな人生が僕を待っているのか楽しみです。

 

偶然だらけの人生でしたが、ニキビなどの疾患は必然だと思いますので日頃のケアをしっかりとするようにしましょう。