車の中でも油断大敵、紫外線カットをする工夫

車の中でも油断大敵、紫外線カットをする工夫

これからの季節は紫外線が強くなり、より肌へのダメージが強くなる時期になりました。

 

 

紫外線は肌を老化させますので、美肌には敵です。そこでUVカットフィルムを使うといいでしょう。

 

 

車の中にいても紫外線の影響はある

 

 

 

車の中にいても紫外線の影響を受けます。車の中にいるのだから屋外にいるよりもその影響はずっと少ないだろう、とたかをくくってはいけません。屋外のUV−A量を100%にすると、そのうちの80%は車の窓ガラスを通過していきます。ほとんどが通過すると言えるほどです。したがって普通のガラスでは紫外線対策にはなりません。

 

 

また直接陽が当たらない場所でも反射などによりおよそ10%が届いています。

 

 

UVガラスは要注意

 

 

 

UVカットガラス搭載だと書いていたからと安心していませんか?

 

 

例えばフロントガラスは99%UVカットなどと宣伝される事もあります。これはフロンドガラスは合わせガラスを使っているからです。ガラスとガラスの間に中間膜を挟んでいます。ですが、サイドのドアガラスなどは違います。こちらは強化ガラスが使用されていて、このようなガラスでは紫外線カットは難しいとされています。

 

 

UVフィルムを使う 

 

 

紫外線カットできるフィルムをガラスに貼るのも紫外線対策になります。仮に普通のガラスであってもUVカットフィルムを張る事で紫外線の通過率を大きく下げる事ができます。カット率が99%という商品もあるほどです。このフィルムはネットでもホームセンターでも購入できます。

 

 

UVカット塗料を塗ってみる 

 

 

他にもガラスに塗る事で紫外線通過率を下げる事ができる塗料などもあります。塗るだけでできるので一度試してみてもいいでしょう。

 

 

UVカット洗剤を使う

 

この洗剤は洗う事により徐々に紫外線カット効果を上げる事ができる洗剤です。使い方は普通の洗剤と変わりありません。一緒に入れて洗うだけです。紫外線は美肌に大敵です。光老化は強力で老化していく主な理由は光によるものです。紫外線対策には工夫をしましょう。