ニキビを治すなら温かい飲み物と肝臓と腎臓強化

ニキビを治すなら温かい飲み物と肝臓と腎臓強化

ニキビはアクネ菌という細菌が引き起こすとは言われますが、ニキビと冷たい飲み物の関係については、考えたことがあるでしょうか。冷たい飲み物を過剰に取ることが、細菌の活動を助長して、ニキビを増やす原因の一つになっているかもしれません。

 

たとえば豚肉や牛肉など動物の脂は、熱された状態では液体になっていますが、冷蔵庫に入れた状態や常温下では、白い固形物となっています。白い脂肪の塊になったハンバーグは、見た感じでも不健康そうに見えて、あまり食べたくありません。

 

これを人体にもあてはめてみたらどうでしょうか。暑いといって冷たい飲み物を毎日過剰に摂ることで、からだの脂肪分が凝り固まり固形化が進み、それがニキビとなって表面化する出ことにつながるとは考えられると思います。逆に温かい飲み物を毎日定期的に取っていれば、血液中のコレステロールは難化して排出されやすくなり、肌のニキビとして肌表面に蓄積しづらいという想像はできます

 

つまり冷たい飲み物の過剰摂取をやめて、温かい飲み物を摂ることによって、血管は本来の柔軟性を取り戻しやすくする助けになると見られます。ニキビは雑菌が原因ということですが、雑菌が増えるのも、肌に皮脂が溜まって、本来の肌の状態ではなくなっているからでしょう。

 

肝臓や腎臓は、血液を濾過して正常な体をたもつ必要な臓器です。肝臓と腎臓機能についても、冷たい飲み物の過剰摂取が悪影響を与えていると考えられます。クールダウンは必要なことなのですが、夏でも温かい飲み物を多めにしていくことで、肝臓と腎臓の機能を正常化します。

 

ニキビを減らしていくなら、どろあわわなどで肌の細菌を除去する洗顔なども必要になるでしょう。それと同時に、食事面については脂肪分は減らしていき、積極的に温かい飲み物の摂取していくべきです。それによって肝臓と腎臓の機能を改善することが、ニキビ治療には必要になってきます。ニキビは表面と同時に、内蔵からも治していきましょう。